読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更ながらスーサイドスクワッド

f:id:Ichigoh:20170314153325j:plain

 

どうもこんにちは!Ichigohです!

 

いやぁ、スーサイドスクワッド、最高でした。

 

なぜ今更スーサイドスクワッドを?ということなのですが、

今お付き合いしている彼女とよく、

ジョーカーかっこいいよね、

という話になるのです。

 

きっかけはこちらの動画。

 

たまらん!!!!!!

これこそがまさに僕の目指すアート!

この感情むき出しの、ちょっとジャンキーなパンク魂とメタル魂に

人間の純粋さとひねくれた部分の融合感!

ジョーカーがかっこよすぎる!

それに加えてハーレイが可愛すぎる!

そして僕はslipknotがびっくりするほど大好きです!

そしてそして僕はドラムが大好きです!

つまりこの動画は大好きなものまみれで

なんともたまらんのです!

 

これは僕が、youtubeで、

Slipknot drum」と検索していて

見つけた動画です!

 

見つけてすぐに

フォオオオオオオオオオオオってなったのですが、

友達にこの興奮をフンガフンガ伝えても

ふーん、すごいねー

くらいなものでした。

 

しかし、

マイハニーは違ったのです!!!

マイハニー「たまらん」

さすがっす。

 

こうしてスーサイドスクワッドの会話が増えるわけなのですが、

よく考えると、二人ともこの映画を見ていなかったのです。

 

夜中にどうしても見たくなってファミマに走って買いました。

DVDを手に取っている感覚はまるでアイドルとの握手。

 

そして早速見たわけなのですが、

 

「やはりたまらんのですわこれが」

 

まず何と言っても

f:id:Ichigoh:20170314154931j:plain

ジョーカーさんほんまかっこええっす。

なんとも言えん純粋さ。

それでいて、というかだからこそ

ほんまきちがいっす。マジキチっす。

そして男にとってすごく大切な、ガッツと

その有言実行しちゃうところ!惚れポイント!

 

 

そしてそして、

f:id:Ichigoh:20170314155213j:plain

 

ハーレイ。可愛すぎる。なんというか、薬物のごとく、

ダメだけれども、という妖艶な魅力の持ち主。

 

ケバい女は無理だぜ、という男性諸君。安心してください。

 

f:id:Ichigoh:20170315121610j:plain

こんな彼女はいかがでしょうか?

 

何よりも、

映画を見たらその瞬間から、

ケバいなんて関係ねぇ、好きだ

となること間違い無いです!!!

 

こんな魅力的な二人が繰り広げる純愛もこの映画の魅力で

狂気なほどに愛を感じます。

f:id:Ichigoh:20170315121828j:plain

 

二人とも色々な意味で純粋で、

若い男女として鋭利な牙を持ち、草食系なんぞ糞食らえ状態です。

これくらい感情の泥沼にどっぷりと浸かりきった漬物たちの恋愛。

パワフルで、自己破壊的で、一直線で。いとすばらしき。

 

 

この映画全体を通して、

正直ストーリーはそれほど面白いと思いませんでした。

 

というよりも、ストーリーよりキャラクターが印象的すぎたというべきか。

 

この映画では、キャラクター1人1人に

それぞれの業があり、社会へのアンチテーゼがあります。

現実世界の私たちも、程度の差こそあるものの

みんな自らの業を持つはずです。

自らの業に押しつぶされてしまっても、

もう一度立ち上がり、打ち勝っていくハーレイたち。

他人からはどう見えていようが、自分の中では大きな業。

だからこそ、最後は自分の力で立ち上がることが必要なのですね。

 

こんなセリフが出て来ます。

 

Own that shit.
Own it!
What'd you think was
gonna happen, huh?

「背負えよ!全部背負えよ!

なんだ?何か期待でもしてたのか?あ?」

 

おそらくこういった意味だろうかと

思うのですが、

 

つまり、自分の過去や現在をしっかり受け止めなさい、

逃げるな、立ち上がれ、と。

 

ちなみにこのセリフを言った本人も業を持つのです。

 

なので、責めると同時に

自分の業からの逃避、一緒に来て!

というメッセージを感じました。

 

みんな業を持つのです。

 

私も、まずは自分の良いところも悪いところも

受け止めるところから始めたいと思います。

 

こんな熱いメッセージとアートが組み合わさった

スーサイドスクワッド!!!!

まだご覧になられていない方はぜひ!

youtubeで予告編だけでも!