ポジティブ通信 No.006

 

「最も賢い選択をする」

たまには筋トレが嫌な日もあります。
どうすべきか頭ではわかっています。

ただ、今日のメニューをこなせばいい。
集中力の欠如による怪我を防ぐために
プレワークアウトを飲んだり、切り替える。

しかし、そんなことわかってても
なかなか出来ないです。

1歩目さえ踏み出せればなんとかなるのですが。
やる気満々な時の10000歩より重たい1歩。

そんな時は、
1歩目のハードルを極端に下げます。

「今日は腕立て伏せ5回のみで良しとする」

腕立て伏せ5回が終わる頃には
ジムに行く支度を始めています。

仮にジムに行かなくても、
今日のトレーニングはクリアです。

意外とそんなものです。

逆に休養すべき時に
休養したくないこともあります。
その時は「頑張って休養する」のです。

今の時点で最も良い休養方法を考える。

「最も賢い選択をする」

これはある意味、とても尖った考え方です。

最も賢い、の定義は人によって異なるでしょう。

ですが少なくとも、
自分で選択する、ということを
より意識できるようになると思います。

また、人のせいにしたり、後悔したり
ということが頭の中を占めることも
少なくなるでしょう。

あなた自身で選択している限り、
全ての責任はあなた自身。
後悔ではなく反省として次につながる。
そしてあなたが手にした輝きは
あなたの選択によるものですから。