ダイエットに有酸素運動はいらない!?  厨二病は走る 2日目

しばしの安らぎから目を覚ました。

どこも痛くもなければ筋肉痛でもない!

 

これがフォアフットランか!

と、正直かなり驚いた!

 

今日のテーマはダイエットにおける有酸素運動についてだ。

 

よくダビデ像(ボディビルダー)の方や、

トレーナーの方が、ダイエットに有酸素運動

特に必要ないという意見をよく聞く。

 

確かに有酸素運動

コスパが悪い。

 

例えば、ランニングは簡単にザックリの消費カロリーが計算できる。

 

体重kg×移動距離km=消費カロリーkcal

今朝の私の体はこんな感じだ。

f:id:Ichigoh:20180123210023j:plain

うむ、

2.1kg減。

そう、ダイエットは最初はグッと体重が落ちるのだ。

それにしてもキタナイ。アリエナイ。

 

私が10km走ったとすると、

 

84.2×10=842kcal

 

ダブルチーズバーガー+ポテトL 以下である。

私の体重をもってしてもこの程度である。

 

時速8kmで走って、1時間20分。

マッドサイエンティストには、

なかなか難しい時間だ。

 

ちなみに、無酸素運動は、運動終了後も

しばらくカロリー消費が続くが、

有酸素運動はあまり続かない。

 

だから、トレーナーの方々やマッチョ達は

有酸素運動する暇があれば筋トレをすることを

進めるのではないだろうか。

そして食事制限が何より大切。それは完全に同意だ。

週に5回運動するとしたら、食事は週に21~35回

(ダイエットにおいては一日の食事回数を増やした方が良い)

 

簡単に計算しても、

食事は運動よりも

4~7倍、

回数が多いのだ。

それは食事の方が大切である。

 

私が10km走るより、

ダブルチーズバーガとポテトLを我慢する方が簡単である。

 

しかしだ!

裏を返せば、毎日10km走れば、

適切な食事プラス

ダブルチーズバーガーとポテトLを食っても

太らないのだ。

 

これは無視できない。

もし仮に、私が毎日7km走ったとすると、

12日で1キロ痩せる。

※体重減少による消費カロリーの減少を無視した場合

 

 

これは非常に魅力的ではないだろうか?

 

ゆとりがあるなら有酸素運動はした方がいいだろう。

まぁ両膝の悪魔が笑わぬ程度にはだが。

 

だから私はあえて声を大にしていう。

 

ダイエットに

有酸素運動

効果的である!

 

そして、有酸素運動はいらない

とおっしゃってる方々について

私が気になった点。

 

それは、、、

 

ハードゲイナー

多くない?

ハードゲイナーとは、食べてもなかなか

筋肉や脂肪がつきにくい人のことである。

 

私のような、食べたらすぐに

筋肉や脂肪がつくピーポーを

イージーゲイナーという。

 

ハードゲイナーはそもそも太りにくいのである。

そして、推測だがイージーゲイナーよりは

痩せやすいのでは?

 

そして、

有酸素運動はいらないと

おっしゃってる方の中にも、

ゆとりがあれば、

息が上がらない程度の

ウォーキングやジョギングを

1時間ほど行う

ことを推奨されている方も多い。

 

ボディビルダーの

ロニーコールマン

(ライッ!ウェイッ!ベイベー!!!)

も、有酸素運動を結構な頻度で取り入れている。

 

そして、諸君は本日の

落合陽一先生のツイートを見ただろうか。

f:id:Ichigoh:20180123211327j:plain

 

実に素晴らしい!

まさに先生のおっしゃるとおりである!

厨二病たるもの、

やはりランニングはせねばならぬ!

 

今日のワークアウト

タバタ式ケトルベル

20kgスイング

 

デッドリフト

70kg×10

100kg×2

140kg×1

100kg×5,3,3

70kg×10×5

 

ラットプルダウン

32kg×10,10,10

 

ローイング

32kg×15,17,12

 

トレッドミル

平均ペース 7:52/km

消費カロリー 591kcal

走行距離 8.25km

時間 1:05:00

 

うむ。いいペースである。

太りすぎて腹が揺れまくり

胃が気持ち悪くなるのと、

太ももが擦れて痛いのが難点である。

早く痩せよう、、、

 f:id:Ichigoh:20180124003048j:plain

f:id:Ichigoh:20180124003135j:plain