あれだけ嫌いだったヒップホップをこんなに好きになるなんて Ep.0

 

2018/09/10

 

1.嫌いだったヒップホップ

こんにちは!Ichigoh(いちごう)です!

タイトルにある通り、僕は25歳になるまで

ヒップホップというジャンルが嫌いだった。

 

自分がバンドでドラムを叩いていたこともあって、

音楽を聴くことは好きなのだが、ヒップホップは受け付けなかった。

 

英語のヒップホップは何言ってるかわからないし、

とにかく汚い言葉がいっぱい出てくる。

 

日本語のヒップホップは非常にダサく感じた。

リリックの内容もよくわからないし、

とにかくひたすらイキってる、という感想しかなかった。

 

「ダサい無能がイキってる」という感じ。

 

さらにヒップホップの人々そのものが

非常に浅はかな人々に見えた。

(実際は僕自身が浅はかだった)

 

僕にとってヒップホップは

犯罪、悪口、暴力、とにかくネガティブな存在だった。

 

 

2. ラップバトルというものを知る

僕が22歳の時、2015年にフリーズタイルダンジョンという
ラップバトルの番組が始まった。

当初は全然しらなかったのだが、バイト先の後輩に

Ichigohさん、ラップまじアツいっす」
フリースタイルダンジョン観てください!」

「彼ら超頭良くてクールっす!!」

と、会うたびに言ってくるようになったので、

 

流石の僕も観て見ることにした。

一気に10話分ほど見たのだが、感想としては、
「え、思ってるよりショボ」

「『俺がぶちかます』とかバトル中にいうんじゃなくて行動したまえよ。」

と、かなり冷めた感想だった。

 

しかしどういうわけか、

そのまま20話ぐらいまでフリースタイルダンジョンを観た。

 

そこで、

「他のラッパーはともかくR-指定という人だけやたらとかっこいいな」

と思い始めた。ラップというものに興味が湧き始めたのである。

 

3.ヒップホップってなんだ?と思い始める

ヒップホップってダンスにもあるよね?結局なんなんだ?

と気になり始め、

ついにヒップホップの4大要素、DJ、ブレイキン、ラップ、グラフィティー

というものを知る。

 

「お、なんかわからんが、全体的にほんのり興味あるぞ、

俺ってヒップホップ好きなのか?いやいやいやいやそんなばかな」

 

すでにヒップホップアンテナが立ち始めている。

 

4.ストレイトアウタコンプトン

フリーズタイルダンジョンを観て2年ほど経った頃だろうか?

ストレイトアウタコンプトンというN.W.Aの映画を偶然発見した。

とりあえず、Dr.dreという名前を知っていたので、

興味本位で鑑賞。

 

「アツい!!!」

 

自分の魂が震えるのを感じた。

今までに感じたことのない衝撃。

心臓のあたりからジェット機が飛び出し

自分の耳を轟音がつんざくような衝撃だった。

 

「なんてロックなんだ!!」

(※自分の中の表現がこれしかなかった)

 

とにかく、

僕のプレイリストに初めてヒップホップが追加された。

N.W.Aの「F**k the police」という曲だ。

ちょうどこの頃筋トレを始めて、
F**k the police‼︎」とベンチプレスを挙げたものだ。

 

5.井上ジョーが語るエミネムの凄さ

僕はYouTube中毒で、暇な時間はだいたいYouTubeを見ている。

僕が大好きなバンドSlipKnoTの動画を見ていたら関連で

井上ジョーの動画が出てきて彼のSlipKnoTについて語る動画が素晴らしかった。

 

そしてここで、彼がエミネムについて語る動画に出会うのである。

 

Lose Yourselfを例にエミネムのすごさについて語っているのだが、

「ふむふむ」

「ほー」

「確かにうまいな」

「カッケェな」

「アツい」

「なんてロックなんだ!!」

(※自分の中の表現がこれしかなかった)

 

と、プレイリストにエミネムが入る。

この頃、僕はYouTubeチャンネルを始め、

丁度アンチにいたぶられていた。

そこにエミネムLose YourselfNot Afraidにはまり、

アンチが怖くなくなった。

 

この時すでにヒップホップに力をもらっていたのだ。

 

6.友人を巻き込む

しばらく、洋楽のヒップホップと

R-指定のCreepy nutsというグループの曲だけ聞いていた。

 

そんな最中、大学時代一緒にバンドをしていた友人に

ストレイトアウタコンプトンを勧めるために

一緒にこの映画を鑑賞した。

 

ついに人にヒップホップを薦め始めたのだ。

 

7.自分がやりたかったことがわかる

僕はずっとベイビー・ドライバーのベイビーがやっていたような
作曲をしたいと思っていたのだが、あの技法の名前がわからず

なんと調べたら知れるのかがわからなかったので諦めていたが、
またもやYouTubeでたまたまビートメイク(トラックメイク)というものを知り

「これだこれだこれだこれだ!!!!!」と大興奮し、

ついに気づく。

自分が『潜在的ヒップホップ大好きマン』だ、ということに。

 

8.このブログを書き始めるきっかけ

ヒップホップが好きなことはわかったが、

ヒップホップってなんなのだ?を知る方法が非常に難しく思えた。

雲をつかむような感じというか、

とにかく掴もうにもつかめない情報という感じがした。

YouTubeでヒップホップと検索して、

rhymestarZeebraの存在を知る程度であった。

 

そこで書店へ足を運び、ヒップホップジェネレーションという本を買った。

 

めちゃくちゃ分厚い本で、文字も小さい。

ワクワクしながら100ページほど読んだ時に気づいた。

 

「地名やら人名が多すぎて何言ってんだかわからん」

「ストーリーがつかめん」

「頭に残らん」

「手がつけられん」

 

そう。曲作り等も含め
ヒップホップは全体的に初心者が首を突っ込みにくいのだ。

 

そういうわけで、

僕はヒップホップ初心者がヒップホップについて

知っていく過程を起こそうとこのブログを始めた。

 

 

 

 

 

ポジティブ通信 No.006

 

「最も賢い選択をする」

たまには筋トレが嫌な日もあります。
どうすべきか頭ではわかっています。

ただ、今日のメニューをこなせばいい。
集中力の欠如による怪我を防ぐために
プレワークアウトを飲んだり、切り替える。

しかし、そんなことわかってても
なかなか出来ないです。

1歩目さえ踏み出せればなんとかなるのですが。
やる気満々な時の10000歩より重たい1歩。

そんな時は、
1歩目のハードルを極端に下げます。

「今日は腕立て伏せ5回のみで良しとする」

腕立て伏せ5回が終わる頃には
ジムに行く支度を始めています。

仮にジムに行かなくても、
今日のトレーニングはクリアです。

意外とそんなものです。

逆に休養すべき時に
休養したくないこともあります。
その時は「頑張って休養する」のです。

今の時点で最も良い休養方法を考える。

「最も賢い選択をする」

これはある意味、とても尖った考え方です。

最も賢い、の定義は人によって異なるでしょう。

ですが少なくとも、
自分で選択する、ということを
より意識できるようになると思います。

また、人のせいにしたり、後悔したり
ということが頭の中を占めることも
少なくなるでしょう。

あなた自身で選択している限り、
全ての責任はあなた自身。
後悔ではなく反省として次につながる。
そしてあなたが手にした輝きは
あなたの選択によるものですから。

【ポジティブ通信No.005】

 

成長の仕方

今日の早朝、
デッドリフト で新記録が出ました!
とても嬉しいです。
デッドリフトはずっと苦手で
最も伸びてない種目です。

筋肉の成長のためにやってることは、
前回の自分より強くなる、ということです。

毎日昨日の自分に勝っていくこと。

すごくシンプルなんですが、
前回より高い負荷に勝てる日もあれば
引き分け、なんなら負ける日もあります。

つまり、勝てない日があるのです。

そんな時、
①凹みます
②0.2秒で切り替えます
③何がいけなかったか考えます。
④対策を考えます。
YouTubeやブログ、本などで調べます。
⑥次回以降のメニューを具体的に組みます。
⑦クリアするまでここまでのサイクルを続けます。
⑧クリアしたら負荷を増やしていきます。

勝てなくても、
次に勝つために行動する。
勝てなかった0.2秒後から勝ち始めるのです。

このことは
日々の生活の多くのことに活かせます。

文武両道。

 

【ポジティブ通信No.004】

 

経験値の割り振り。

ベンチプレスを初めてやる人は
基本的に重たいウエイトは扱えません。

少しずつ重いウエイトと回数を重ねます。

初心者のベンチプレスをバカにする
ベテランを僕は見たことがありません。
おそらく、ベテランも初めは同じ経験をしたからでしょう。

人は、一人一人経験値の割り振りが異なります。
同じ20年を生きても、そのうちの1パーセントをベンチプレスに費やした人と0パーセントの人がいます。
しかし、ベンチプレスに0パーセントの人は、
他の何かに1パーセント費やしていることでしょう。

上司のくせに、歳上のくせに、同期のくせに、
なぜこの程度のことができない?無能が。

と、会社で言いたくなる方も
おられるのではないでしょうか?

しかし、それはあなたと
経験値の割り振りが違うだけです。

自分より長く生きているから、
または同じ時間生きているからといって、
全ての経験値の割り振りは
フラットでは無いのです。

自分の方が経験してることもあれば、
相手の方が経験していることもある。

また、経験してないからこそできることもある。

そういった意味で、
どんな人からも学ぶことがあり、
どんな人にでも授けることがあるのです。

【ポジティブ通信No.003】

 

筋肉から学ぶ、行動の大切さ

筋肉は一般に、
刺激を与えることにより増加します。

20歳くらいまでは、体の成長とともに勝手に増加する部分もあるでしょう。

20歳を超えた体は刺激を与えなければ
筋肉の発達は見込めないということです。

刺激の与え方はもちろんいろいろあるわけです。
例えば、
軽い負荷で回数を多くこなすのか
回数は少なく大きな負荷を与えるのか。

どんな刺激が最も効率的か?ということは、
未だにハッキリとした答えは出ていません。
科学の進歩により答えが変わるからです。

最も効率的な刺激を研究することは大切です。

しかしながら、
多くの人が、「最も効率的な刺激」を
考え続けるだけで、
行動に至らないのです。
よって

デブは「考えるデブ」のまま。
ガリは「考えるガリ」のまま。

今わかっている事実は
①筋肉に刺激を与えると発達する
②ある程度の効率が良い方法は確立している

ということなので、
とりあえずは行動できるはずなのに。
むしろ、人間の体は個人差があるので
行動しないとわからないことも
たくさんあります。

筋肉を発達させるにも、
最も効率的な刺激を知るためにも、
「行動」が必要なのです。

筋肉は、PDCAサイクルが簡単な分野です。
理論も大切ですが、行動もしてみないと。

そして「考えるデブ」や「考えるガリ」は、
しばしば大声で罵倒するのです。
互いを。また、「考えて行動するマッチョ」を。

「考えて行動するマッチョ」は、
自分の行動の経験から、
多様性を持つことができるので、
簡単には人を否定しません。
考えて行動してみるのです。

これらのことは、
人生の多くの場面で当てはまると思います。

ありとあらゆる面で、
思考×行動は大切と思われます。
10×0=0
5×1=5。
思考が半分でも、行動が
たったの1でもあれば、結果は得られます。

また否定の扱い方も、参考になります。

ただただ否定するだけで、
そこから行動に繋げないネガティブな人は
メンタルデブ、メンタルガリ、といったところでしょうか。
(ちなみに僕の経験からは、メンタルにとどまらず実際に体もデブやガリであることが多いです)

否定から、
「じゃあどうしよう?」と考えて
「こうしよう!」と考え行動する人は、
メンタルマッチョといったところでしょう。
(メンタルマッチョが体もマッチョかはわからないが、体がマッチョな人はメンタルもマッチョが多い)

僕はメンタルマッチョになりたいし、
マッチョにもなりたいです。

筋肉は、PDCAの基本を教えてくれます。

人生は「プラン」が難しいことがほとんどなので、
実際に大きなPDCAを回すことは難しいですが、
考え方の指針にはなるでしょう。

 

【ポジティブ通信 No.002】

太陽と筋肉が元気の源、どうも、Ichigohです。

「No pain , No gain」

ダイエットやボディメイクに、
筋肉を鍛えている方にとっては
常識かもしれませんが、

筋肉には、
①食事
②運動
③睡眠
が大切と言われています。

人は、筋肉のためなら、
筋肉が望む事をするのです。
筋肉からは何も言われていないのに。

それは、
自らの態度を変化させることにより
肉体の変化が得られると知っているからです。

しかし、普段の生活はどうか。

今の状況が嫌だ!と思ったときに、
自分の態度を変化させるのではなく、
他者の態度を変化させようと
してしまわないでしょうか。

筋肉への対応と同じく、
何が必要か知り、理解し、実行する。

これができるだけで
どれほどのことが生まれるのでしょう。

「No pain , No gain 」